【ワーケーションで】仕事とレジャーのハイブリッド【悠々自適に】

ワーケーション
仕事がストレスの一因・・・いや、原因と言っても過言ではないというような方、何かストレス対策はされていますか?
この記事では、そのひとつとして、「ワーケーション」というものをご提案します。
「前から知っているけど実践できていない」、あるいは「今回初めて聞いた」という方もいらっしゃるかと思います。
そのワーケーションを実践するための具体的な方法とおすすめのサービスをご紹介しますので是非お読みください。



仕事とレジャーのハイブリッド

「ワーケーション」をご存知でしょうか?

ワーケーションとは、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語。英語圏の主要メディアは「workcation」と綴る。観光地やリゾート地でテレワークを活用し、働きながら休暇をとる過ごし方。在宅勤務やレンタルオフィスでのテレワークとは区別される。

近年、コロナの影響もあり、テレワークが随分普及してきました。
基本的に在宅での仕事になるので、緊張感が薄まってしまうところがどうしても出てくることかと思います。
僕自身、在宅でWeb制作や動画編集をしていますが、やっぱり集中力が続かなかったり、自部屋にこもりっきりなので息が詰まったりということも感じます。

やっぱり良い仕事をするためには、適度に息抜きをすることも必要かと思います。
そこで、テレワークという環境だからこそできる可能性のあることではありますが、僕はワーケーションをオススメします。
ただ、おすすめできるのはどちらかと言うと会社に拘束されていないフリーランスさんに適しているのかなと思います。
やっぱり会社に属していると、いくらテレワークとは言え、自分だけの判断でワーケーションを行うことは・・・バレることを考えるとリスクが大きいので💦

ワーケーションのメリット

メンタルケアにつながる

冒頭でも述べましたが、普段から家で作業していると、どうしてもダレてくるというか、気分もマンネリ化してしまいます。
それは仕事が捗るかどうかというところにも関わっているはずです。
やっぱり気分転換というのは大切ですよ。
ワーケーションは、非日常的な場所に身を置くことでリフレッシュ効果が期待できるため、メンタルケアに有効です。
ネガティブな話にはなりますが、仕事はどうしてもストレスを抱えやすいものです。
なので、リゾート地や温泉地などでリラックスして仕事をすることで、心身の疲れを癒やすことができ、ストレスの軽減につながることでしょう。

生産性・パフォーマンスの向上

普段の場所ではなく、「限られた時間内での作業」ということになるので、集中力が上がり、生産性を向上させられるでしょう。
いつもと違う環境で仕事をすることで、新しいアイデアが湧いてくる・・・なんてことも期待できそうです。

ワーケーションのデメリット

コストがかかる

交通費や各施設の利用料、準備と移動という様々なコストがかかります。
普段のおうち作業ならそういった面はまったく考えなくていいので、そう思うとデメリットになると言えます。

セキュリティ面でのリスクがある

外にノートPCを持って行くとなると、情報漏洩のリスクが高まります。
個人情報の取り扱いやクライアントとの重要情報の取り扱いについて、特に注意する必要があります。
また、ノートPC等の盗難や紛失を防ぐため、管理を徹底しなくてはいけません。

ワーケーションのおすすめサービス


TETAU(テタウ)

和歌山県の南部(紀南)地域を拠点に活動されている団体です。
紀南地域の様々なモノ・ヒト・コト・バがもっと素敵になるように、
そしてもっと広く、深く伝わるように、
クリエイターを中心に、全生活者がつながって、様々な取り組みが行われています。

他県から移住して活動されている方もいらっしゃるようです。


LAC(LivingAnywhere Commons)

「自分らしくを、もっと自由に」をテーマに、様々なテクノロジーによって水、電気、食料、通信、医療、教育、仕事など、人にとって必要不可欠なものが地球上どこにいても手に入る世界へアップデートし、ライフラインの限界から解放された本当の意味での自由な生き方の実現を目指すプロジェクトです。
全国各地に、LACのプロジェクトに参画しているコワーキングスペース兼ゲストハウスがあり、どこでも自由に利用・宿泊が可能です。

僕もこのプロジェクトにお世話になりたいと思い、その都度宿泊が可能な回数券を買いました。
全国各地の拠点を回ってみたいと考えています。

まとめ

仕事とレジャーを取り入れた「ワーケーション」、いかがでしょうか?
メリットもあればデメリットもありますが、日頃在宅でお仕事をされている方にとっては大きな気分転換になりそうですよね。
行き先で何かしらの出会いに恵まれることもあるかもしれません、そこから新たな仕事の獲得にもつながるかもしれないですし。
まだやったことがないという方は、是非一度検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました