【ストレス解消】ストレスに効果的な食べ物を徹底解説【毎日の食事】

ストレスにバイバイ
日々の生活でストレスを溜めてしまってはいませんか。
ストレスを放置すると、パフォーマンスが落ちる、体調が優れなくなるなど、様々な問題が生じてしまいます。
日々満足した生活を送るためにも、自分に合ったストレス解消法を身に付けることが非常に大切です。

当記事では、誰もが毎日行っている「食事」に着目し、ストレス解消に効果的な成分、おすすめの食べ物を紹介します。

ちなみに、飲み物について知りたい方はこちらの記事もご覧ください。



ストレスが溜まっている時ほど食事には気を付けよう!

「ストレスが溜まっているからとにかく遊ぼう」「イライラするから食事は取らずに寝てしまおう」という考えはしていませんか。
確かに、「遊ぶ」「寝る」はストレス解消に効果的ですが、「食事」を行わずにそれらに取り組むのは効果的ではありません。

実は、ストレス解消効果やリラックス効果を期待できる成分があります。
そのような成分を含んだ食べ物を食べることによって、ストレス解消のための「遊ぶ」「寝る」がより効果的となるのです。

ストレスが溜まっている時は食事すら面倒と思ってしまうかもしれませんが、ストレスが溜まっている時ほど食事は大切な役割を担うのです。

ストレス解消に効果的な成分って何?

それではストレス解消効果が期待できる成分には何があるでしょうか。

γ-アミノ酪酸(GABA)

「γ-アミノ酢酸」という成分名に聞き覚えがない人が多いですが、「GABA(ギャバ)」と聞くと聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
コンビニに行くとGABAが含まれたチョコレート商品が並んでいるのを見たことがある人は多いでしょう。

GABAはアミノ酸の一種であり、「リラックス効果」「緊張を和らげる効果」を期待することができるのです。

GABAは幅広い種類の食べ物に含まれています。
特に菌類の「ブナシメジ」、野菜である「トマト」や「パプリカ」、果物である「ブドウ」「バナナ」や発酵製品である「ヨーグルト」などに多く含まれています。

また、GABAは単体ではなく、ビタミンB6と一緒に摂取することによって効率よく吸収をすることができます。

トリプトファン

通称「幸せホルモン」と呼ばれている、「セロトニン」という脳内物質があります。
セロトニンは安心感や精神安定の効果が期待できる物質です。
もし、セロトニンが不足している状態になると、イライラ感や、ストレス感の原因となる可能性があります。

このセロトニンを作るために必要な成分が、アミノ酸の一種である「トリプトファン」なのです。
GABAと同様に、ビタミンB6と一緒に摂取することにより、効率良くセロトニンの生成ができるようになります。

トリプトファンは、「納豆」や「豆腐」などの大豆製品や、「ヨーグルト」や「チーズ」のような乳製品、「米」などの穀類、肉や魚に多く含まれています。

ポリフェノール

一概に「ポリフェノール」と言っても、「カカオポリフェノール」やお茶などに含まれる「カテキン」、大豆に含まれる「イソフラボン」など、数多くの種類があります。

ポリフェノールにはストレスホルモンの分泌を抑える役割があり、不安感や緊張感を和らげるなど、ストレスを防ぐ効果が期待できます。

ポリフェノールを含む食べ物は数多くあり、大豆や多くの野菜など、身近なものに含まれています。
そのため、日々バランスの良い食事を摂ることが大切です。

マグネシウム

現代日本人は、マグネシウムの摂取量が不足しがちと言われています。

ただでさえ摂取量が不足しているマグネシウムですが、精神的なストレスがかかると体内から排出されてしまいます。
長期間にわたってマグネシウムが不足すると、慢性的なイライラ感や、気分の落ち込みが発生してしまう可能性まであるのです。

意識的に摂取することで、不足しがちな栄養を確保して、更には慢性的なイライラの解消までできる可能性があります。

マグネシウムは数多くの食品に含まれていますが、特に「アーモンド」などのナッツ類や、「玄米」、「豆腐」や「納豆」などの大豆製品に多く含まれています。

テアニン

「お茶を飲むとホッとする」という経験をしたことはありませんか。
主に緑茶に含まれる「テアニン」はアミノ酸の一種であり、リラックス効果や睡眠改善効果が期待できます。

しかし、コンビニで売っているようなお茶には含まれていないことが多いです。
玉露などの高級なお茶の方がより多く含まれているという、少し変わった成分となっています。

バランスの良い食事を心がけることが大切!

「ひたすらGABAを食べ続ければストレス解消に繋がるの?」と思う人がいるかもしれませんが、そうではありません。

例えば、「GABAやトリプトファンを吸収するためにも、ビタミンB6が必要である」というように、同時に摂取することが大切な成分が数多くあります。

折角取り入れた成分が無駄にならないためにも、日々の食事ではバランスの良さを意識しながら食べるようにすることが望ましいです。

ストレス解消におすすめの食べ物5選!

ここでは、「おやつ代わりに食べることができる」、「簡単に一品追加できる」といった、「手軽さ」に着目した、ストレス解消効果が期待できる食べ物を7つ紹介します。

ヨーグルト

ヨーグルトはトリプトファンを含み、ストレス解消効果が期待できますが、実はそれだけではないのです。

腸内の「悪玉菌」が増加すると自律神経が乱れ、イライラ感に繋がってしまうことがあります。
そのため、悪玉菌を取り除いて、善玉菌を増やすことが、自律神経の安定に効果的です。

ヨーグルトを食べると腸内の善玉菌が増加し、腸内環境が整うため、ストレス解消の面から見て、二重の効果が期待できるのです。

朝の一品として追加してみてはいかがでしょうか。

チーズ

チーズには「セロトニン」を生成するための「トリプトファン」が豊富に含まれています。

「おやつとして食べる」「おつまみとして食べる」といった様々な場面で手軽に食べることができる点が魅力です。

バナナ

「朝食替わりにバナナを食べる」という人も多いのではないでしょうか。

バナナには「トリプトファン」に加え、トリプトファンの吸収を促進する「ビタミンB6」、更には、抗ストレスホルモンの生成に必須な「ビタミンC」までが含まれています。

非常に手軽に食べることができるため、日々の生活の中に取り入れやすいです。
更に、ヨーグルトに入れて食べると美味しさもストレス解消効果も増大するため大変おすすめです。

ナッツ

ナッツは「トリプトファン」や、トリプトファンやGABAの吸収を促進する「ビタミンB6」が豊富な食べ物です。
また、副交感神経を活発にさせる「マグネシウム」も多く含まれています。
多くの成分が含まれており、ストレス解消効果が期待できる食べ物です。

しかしナッツ類はカロリーが高めなので食べすぎには注意が必要です。

そのまま食べても、サラダに混ぜても美味しく食べることができるナッツを試してみてはいかがですか?

GABA含有チョコレート

「イライラした時に甘いものを食べたくなる」という人は多いはずです。

コンビニに足を運ぶとGABAが含まれていることがアピールされたチョコレート商品が数多くあります。

GABAは様々な食べ物から取ることができますが、チョコレートで摂ることができると「おやつで食べることができる」「イライラで甘いものが欲しくなった時に一緒に摂取できる」という魅力があります。

手軽に買えて手軽に食べることのできるチョコレートを、バッグの中に一つ入れておいてはいかがでしょうか。



まとめ

いかがでしたでしょうか。

ストレス解消には様々な方法がありますが、誰もが毎日行う「食事」を有効に使わない手はありません。

ストレス解消が期待できる成分はいくつかあり、それぞれ意識次第で簡単に摂取することができます。

そして、ストレス効果が期待できる食品を単体で食べるのではなく、可能ならばバランスよく様々な食品を食べるようにしましょう。
ストレス解消効果が期待できる成分を効率良く摂取できるようになるだけではなく、日々の生活も豊かになります。

ストレス解消に有効な成分を摂取することによって、他のストレス解消法もより効果的になるでしょう。

当記事では、手軽におやつ感覚で食べることができる食べ物を5つ紹介したため、試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました