【必読】ストレスを劇的に軽減させる方法5選【誰でもできます】

ストレスにバイバイ
・ストレスを軽減させる方法を知りたい
・カラオケや飲み会がストレス軽減になるって聞いたことあるけど、あまり効果を感じられない・・・
・ストレスと上手に向き合う方法ってあるの?

激しくなる競争社会で、現代人は多くのストレスを抱えています。
インターネットやスマホの普及、LINEなどのアプリの普及により、多くの方が必死にストレスと戦っています。

そこで本記事では、たくさんの「ストレスを軽減させる方法」がある中で、誰でもできる5つの方法を解説。

「とはいえ難しいんでしょ?」という声が聞こえてきそうですが、決して難しくありません。
今日から実践できるものばかりなので、誰でもストレスを軽くすることができます。

それでは、さっそくいきましょう。



ストレスを劇的に軽減させる方法5選

インターネットの普及により、たしかに便利な世の中になりました。
一方で、使い方次第なところもあり、悪影響が出ているのも事実です。

現代では、「ストレスとの上手な向き合い方」が求められます。
ストレスを溜め込むのではなく、上手に軽減する必要があるのです。

読書

読書をすることで、ストレスが軽減する研究結果が出ています。
ポイントは30分、ゆっくりと読むこと。
ビジネス書や実用書ではなく、小説などがオススメです。

ただし、日本人のおよそ半数が、読書をまったくしていないんですよね・・・。
仕事や家庭でお忙しいとは思いますが、ストレス軽減のためにも、生活に取り入れてみましょう。

上記、別記事では「自己啓発」という視点で読書について書いています。
自己成長を通じて、今抱えているストレスからの脱却を目指したい方は是非。

紙に悩み・不安を書く

「ストレスを感じているな・・・」と思ったら、その悩みや不安、怒りを紙に書いてみましょう。
驚くほど、すっきりします。

悩みや不安を頭の中で考えていると、何も解決しない経験ありませんか?
それは自分の感情に対し、主観的になっているからです。
紙に書くことで、自分の感情を客観視できるので、結果的に自己コントロールに繋がり、ストレスが軽減します。

オススメはA4の紙に、一気に書くことです。A4の紙は安いですし、値段を気にせずどんどん書くことができますよ。

【キャノン】 A4用紙 500枚

瞑想

瞑想は脳の前頭葉を鍛えます。
前頭葉が発達すると、ストレス軽減に繋がるとわかっています。

瞑想の方法はいたってシンプルで、注意すべきポイントは2つ。
・呼吸に意識を集中する
・背筋を伸ばす

呼吸は、5秒以上かけて鼻で吸い、5秒以上かけて鼻で吐くことを心がけましょう。
空気が鼻から気道を通り、肺に入る。そして、空気が肺から気道を通って、鼻から出る。
これをイメージしながら、繰り返します。
意識が呼吸から離れたら、また呼吸に意識を戻せばいいだけなので、問題ありません。

ぐっすり寝る

睡眠をとることで、ホルモンバランスや自律神経の乱れが改善し、ストレスの軽減に繋がります。
あまり睡眠をとれていない方は、少なくとも7時間は確保できるといいでしょう。

睡眠の質を高めるオススメな方法を、以下にまとめます。
・寝る1時間前に、お風呂に浸かる
・カフェインは15時以降摂らない
・ブルーライトをカットする
・日光を浴びる
・夜の遅い時間に、大量の飲食は避ける

睡眠について詳しく知りたい!という方は、【睡眠こそ最強の解決策である】という本があるので、一度読むことをオススメします。

【マシュー・ウォーカー】 睡眠こそ最強の解決策である

上記、「睡眠」について書いた別記事もありますので、お読みいただくと睡眠力がより高まると思います。

散歩

歩くこと、日光を浴びることで、セロトニンというリラックスホルモンが分泌されます。
このセロトニンの量が増えると、ストレスレベルが下がります。

また、散歩で睡眠の質が上がるのもメリットですね。
結果的にストレス軽減に繋がります。

ストレスとの向き合い方

ストレスを軽くする方法をまとめてきましたが、中にはストレスを感じやすい方もいらっしゃると思います。
そういう方は、「ストレスとの向き合い方」を変えるだけで、人生がグッと楽になります。

結論を言うと、「ストレスを敵ではなく、味方と考える」です。

以下で解説します。

ストレスは必ずしも悪ではない?

ストレスはすべて体に悪いのかと言われたら、そうではありません。
スタンフォード大学の心理学者は、「ストレスは人を賢くし、強くし、成功へと導きます」と述べています。

つまり、ストレスの考え方(マインドセット)を変えることで、ストレスは味方にもなりえるということです。

ストレスと上手に向き合うマインドセット

「ストレスは体に害がある」と考えるのではなく、「ストレスは自分を成長させる」と考えましょう。
マインドセットを変えることで、ストレスの感じ方がまったく変わってきます。

ただし、過剰なストレスにより、体も心も疲れている状態の時には、休むことも大切。
ゆっくり休み、体も心も元気になってから、上手にストレスと向き合っていきましょう。



まとめ

ストレス過多な時代だからこそ、上手にストレスと向き合う必要があります。

本記事で解説した、オススメのストレス軽減方法は以下の通りです。

1. 読書
2. 紙に悩み・不安を書く
3. 瞑想
4. ぐっすり寝る
5. 散歩

また、ストレスを敵ではなく、味方と考えることで、悩みや不安を「活力」に変えられます。

ストレスで悩んでいる方は、本記事で紹介した内容を、ぜひ実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました