【快適な毎日を】ストレス社会における睡眠との付き合い方【眠る重要性】

癒やし
「睡眠時間をなかなか確保できない。」「寝ているはずなのに、満足していない。」という人はいませんか?
十分な睡眠が取れていないと、ストレスや体調不良へ繋がり、日々のパフォーマンスを落とす原因になるだけではなく、心身の病気へ繋がる可能性もあります。

今回は睡眠の「質」に注目し、睡眠に満足していない人に向けて、より良い睡眠を手に入れる方法を紹介します。





ストレス社会における睡眠との付き合い方

現代日本人は、技術の発展により、日々豊かな生活を送ることが可能となりました。しかしその一方で、現代社会は「ストレス社会」とも呼ばれています。

現代に生きる日本人は、この「ストレス社会」の中にある忙しさにより、十分な時間や質を確保した睡眠が取れていない人が多いです。
実際、日本人の睡眠時間の平均は他国と比べても非常に短い傾向にあり、「自分の睡眠に満足していない」と感じている人がおよそ半数もいるという結果も出ています。

睡眠不足とストレスは深い関係にあります。十分な睡眠が取れていないと、集中力の欠如やイライラ感、倦怠感といった、心身への影響を及ぼします。それらがストレスの大きな原因となるのです。

睡眠の効果は、大きく分けると「時間」と「質」によって決まります。
しかし、忙しさにより、今よりも長時間の睡眠を確保することが難しい人も多いのではないでしょうか。
そのような人に向けて、以下では睡眠の「質」を向上させる方法やアイテムを紹介します。

今日からできる睡眠の質を上げる生活習慣

日々の生活習慣を少し変えるだけで睡眠の質は大きく変わります。
ここでは今日から実行できる、睡眠の質を向上させる生活習慣を紹介します。

食事は睡眠の3時間前までに行う

食事の後は、消化や吸収を行うため胃腸が活発に働きます。
そのため食事直後の睡眠は、胃腸が働き続けている状態のため、深い眠りにつくことができません。
食事は、就寝の3時間前までに済ませることが理想です。

深酒をしない

「眠るためにアルコールを飲んでいる」という人は、良質な睡眠という観点で見ると大変危険です。
多量のお酒を飲んだ日に、「寝つきは良かったが、朝スッキリしなかった。」という経験をしたことはありませんか?
これは、多量のアルコールを飲むと入眠はしやすいが、その後深い睡眠をすることが難しくなるというアルコールの特性が原因です。
お酒は、ストレス解消などにも効果的ですが、適度な量を守って楽しみましょう。

シャワーだけではなく、浴槽に入る

38~40℃程度のぬるめのお湯にゆっくりと入浴し、体を温めましょう。
入浴で体が温まった後、体の温度が時間とともに低下しているときに入眠しやすくなります。
注意が必要な点として、42~44℃等の熱いと感じるお湯に入ると、交感神経が活発になり、覚醒状態となります。睡眠の直前に入浴する人は気を付けましょう。

寝る前にカフェイン摂取しない

カフェインには覚醒効果があり、その効果で入眠するのが難しくなる場合があります。
また利尿作用もあるので、睡眠途中での覚醒の原因ともなります。
一方で、コーヒーや紅茶にはリラックス効果もあります。
もし、夜にコーヒーや紅茶を飲む習慣があるならば、カフェインレスのものに変えてみてはいかがでしょうか。

寝る前にストレッチを行う

パソコンやスマホを長時間同じ姿勢で使う現代では、体の筋肉が緊張している人が多いです。
ストレッチを行うことによって血流が良くなり、体の緊張がほぐれ、リラックスした状態になります。
一日5分からでも効果が出やすいので、体に疲労がたまっている人は、是非取り入れてください。

寝る前のスマホをやめる

寝る前にSNSをチェックしていたらいつの間にか時間が過ぎていた、という経験がある人は多いのではないでしょうか。
寝る前のスマホは睡眠時間そのものが減るのはもちろんですが、睡眠の質に着目しても良いものではありません。
スマホから発せられるブルーライトによって、脳が覚醒します。その結果、深い睡眠に入ることができなくなり、時には睡眠障害を引き起こす場合もあります。
就寝する1時間前にはスマホを手放し、脳をリラックスさせる習慣をつけましょう。

ヒーリングミュージックを聞く

毎晩スマホを操作する代わりに、もしくは眠れない夜におすすめするのが、ヒーリングミュージックです。
ヒーリングミュージックにはリラックス効果があり、穏やかな入眠効果やストレス解消効果に繋がります。
検索すると多くのヒーリングミュージックが出てくるため、自分好みの音楽を探してみてはいかがでしょうか。

安眠グッズを使って、より良い睡眠環境を作る

生活習慣を変える他に、安眠グッズを使うことも睡眠の質を上げるために有効な方法となります。
以下では、amazonで手軽に買える安眠グッズを紹介します。

【GRAPHENE TIMES】 ホットアイマスク

ホットアイマスクで目元を温めると、血行が良くなり疲れた目元をリフレッシュできます。
同時に、リラックス効果もあり、心地良い入眠に最適です。

【JOYLISTEN】 耳栓

車の音や、家族や隣人の生活音が気になって眠れない人もいるのではないでしょうか。
そのような方は、耳栓を使うことによって周りの物音に気を取られることなく眠ることができます。

【Genki life】 抱き枕

「入眠の際は横向きである」という人は半数近く占めるといった結果があります。
抱き枕にはリラックス効果に加え、横向きの姿勢を安定して保つことができるという効果もあり、安定した睡眠に繋がります。

【ハイパープランツ】 ナチュラルアロマ ピロースプレー

ピロースプレーを枕などに使うだけでリラックスできる香りになり、心地よい入眠が望めます。
また、出張等の際に宿泊先への持ち運びが容易であるため、慣れない環境でもより普段通りの睡眠に近づけることができます。

【リプトン】 カフェインレスティー

毎晩紅茶、もしくはコーヒーを飲む習慣があるという人は、カフェインレスの飲み物に変えることでいつも以上の入眠が望めます。
カフェインレスでも満足感があり、是非一度試してください。

【UCC】おいしいカフェインレスコーヒー



まとめ

いかがでしたでしょうか。
「睡眠」と「ストレス」は関係性が強く、「ストレス社会」と呼ばれている現代において、質の良い睡眠を取ることは非常に大切です。
当記事では質の良い睡眠のための、今日から始められる生活習慣及び、睡眠をより良いものにする安眠グッズを紹介しました。
人間は人生のおよそ3分の1を睡眠に費やすと言われています。
その睡眠をより良いものにして、心身を健康にして、ストレスを感じずに日々の生活を送れるようになりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました