【継続受注率高め】フリーランスはEC案件を掴め!【マーケ力もUP】

仕事
フリーランスとしてやっていきたいけど、継続して受注を得られるのか心配・・・。
フリーランスの人って、どうやって継続受注できてるの?

という疑問があるかと思います。
どうしたらストレスなく、継続して受注できるのか―。
継続のコツはいろいろあると思いますが、その中でひとつ、今回は「EC案件」についての記事をお伝えします。



フリーランスはEC案件を掴め!

ECとはなんでしょうか?

Electronic Commerceの略称です。

自社の商品やサービスを、インターネット上に置いた独自運営のウェブサイトで販売するサイトのことですね。

代表的なECプラットフォームには下記のようなところがあります。

モール型

ショッピングカートASP

ECサイトを構築するためのベースとなるサービスですね。

やはりそれぞれに特色があります。
それはユーザー側としてもそうですが、売る側は特に、自店の売上を拡大化するために各サービスのシステムには気を配る必要があります。

そんなわけで、ECサイトを構築している or 構築しようと検討している個人や法人は、あ~でもないこ~でもないと試行錯誤しています。
サイトの構築には時間がかかり、それだけに時間を取るわけにはいきません。
他にも仕入れや事務処理、スタッフの管理、清掃など・・・普通はそれぞれ役割分担されているとは思いますが、それらすべてを一手に行なっている場合もあるかもしれません。
また、サイトの構築だけに集中できる環境だとしても、商品数が多ければその分負担は大きくなります。

  • トップページの作り込み
  • 商品のキャッチコピー、説明文の考案(仕入れの時点であらかじめまとまっている場合もある)
  • 商品の登録作業
  • 商品ページの作り込み(商品画像制作、バナー制作等)
  • 特集ページの企画
  • 特集ページの作り込み

主にこんな感じの作業でしょうか。
これらを一人で行なうにはしんどいですよね。
じゃあどうするか?
そう、クラウドソーシングでよく募集されています。

クラウドワークス(ECサイト・ネットショップ構築)

Twitterなんかでも募集ツイートがされていたりするので、たまに検索してみるといいかもしれません。
「EC 募集」、「ネットショップ 募集」とかで。

定期的なメンテナンスが必要というメリット

ECサイトの運営は、定期的に(場合によっては毎日と言ってもいいかも)メンテナンスが必要な仕事になります。

  • 追加商品や削除商品
  • 追加商品の場合は登録に加え、商品ページの制作
  • 商品の売れ行きなどを見て、商品画像やバナー、ページのデザインなどのテコ入れ(作り変え)

頻繁に行なうべきメンテナンスがあると、お店側にとっては正直負担になりますよね。
なのでここがチャンスです!

一度お願いすると、他の人には頼む理由がない

あらかじめデザインなどの方向性を共有するとは言え、少なからず作業者のテイストが制作物に現れるものです。
ということは、日々の継続的な作業のため、その人が作った商品画像やバナー画像などで埋め尽くされていくことになりますよね。
そうなると他の人には頼みづらいですし、特に問題があるわけではない限り、契約を切る理由もありません。
また人を探す時間も労力も要りますからね。

いかがでしょうか。
EC案件を掴むべき理由を「継続受注」とするなら、これが大きいです。

マーケティングスキルも身に付く

ECサイトの運営は数字との格闘というところがあります。
それは実店舗でも同じことですが、在庫の管理や売上の管理以外にもいろいろな数字を意識する必要があります。
ECサイトの場合、どんなキーワードでサイトに辿り着かれたのかも重要なチェックポイントです。
また、どんなデバイスを使っているのか売れ筋商品やリピートされる商品は何なのか、表れたデータを分析して戦略を考えます。
逆に、数字からではなく「第一印象でどう感じるか」や「操作性・回遊性」という客観的な目線も必要です。

ECサイトのデータ分析はやりだしたらキリがないほどやれることがあるので、分析力がある人にとっては大きな強みにるはずです。
それと、問い合わせ内容やレビューの情報から顧客のニーズを読み取ることができれば、さらにサイトを良くしていくことができると思います。
こうした数字のチェックや各種分析は、クライアントによってはクライアント自身でされる場合も多いですが、逆手に取って「自分にもさせてください」と申し込めばマーケティング力も上がりますし、さらに報酬アップも見込めるかもしれません。

必要なスキル

PCの操作スキルはもちろん、ITやWebについての基本的な知識はどうしても必要です。
この記事を読んでいただけている時点で心配は要らないと思いますが、その他最低限必要なスキルと、あると重宝する(される)スキルをご紹介します。

最低限必要

Excel(CSV)、HTML/CSS、Photoshop等

これは言わずもがなだと思いますが、やはりEC ”サイト” を触るので、Webに落とし込むための作業ができる必要があります。

  • 商品登録・・・Excelを使い、CSV形式で商品の一括登録をします。
  • ページのレイアウトやデザインを構築する・・・HTML/CSSを書きます(JavaScriptが書ければ動きを付けられるので尚良)。
  • 画像編集・・・PhotoshopやIllustrator等を使います(その他無料ソフトでも可)。

あると重宝

  • マーケティングスキル
  • コミュニケーションスキル

マーケティングスキルは先述したように、より良いサイト作り(売上拡大)のためには強力です。
コミュニケーションスキルも最低限必要なスキルではありますが、こっちにしたのは最低限レベルではないレベルのものについてです。
たとえば、相手の気持ちや悩み、考えていることをほぼ的確に捉えられるというような具合。
なんかスピリチュアル的に思われるかもしれないですが、コミュニケーションスキルの高い人はこれが上手だと思うので。

EC案件に携わるデメリット

フリーランスはEC案件を掴め!と言ってはいますが、あえてデメリットもお伝えしておきます。
端的に言うと、
物足りない
と思う人もいるかもしれないということです。

もちろん、マーケティングを意識して売上の拡大を目指して取り組む分にはすごくやりがいはあると思います。
ですが、そうではなくただ単に指示されたとおりに作業するだけなら・・・。

あと、HTML/CSS、JavaScriptのフロント系ではなく、PHPやRuby、Pythonなどのバックエンド計エンジニアさんにとっては「開発」というものではないので、そういう意味で物足りなさはあると思います。
もしもEC案件で開発をしたい場合には、オープンソースで公開されているEC構築システム「EC-CUBE」での案件もクラウドソーシングやTwitterで募集されていることがあります。

著者・けいとが携わっている案件

僕が現在、日々仕えている案件ですが、やはりEC案件がメインです(2021年8月現在)。
サブで時々、コーポレートサイトやLPを制作しています。
ちなみに、Keight’s Web(僕の事業)ではサイト制作の他に、動画編集やキッティングなども行なっております。

普段は中小~大手まで、様々な企業のECサイトの運営をサポートしています。
サポート内容は様々ですが、商品画像やバナー画像の制作・差し替え、商品登録、商品ページ制作等が中心です。
ただ、それぞれのクライアントとは直接契約を結んでいません。
どういうことかというと、多数のクライアントを抱える大元のクライアントがいます。
そちらと契約を結んでいるということです。

クライアント名は明かしませんが、僕の場合はこのサイトから良いご縁に恵まれました。
FIND JOB!

まとめ

参考にしていただける内容だったでしょうか?

あーそうそう。
以前よくお仕事をさせていただいていたクライアントがいらっしゃいまして、他の仕事の都合で、そのクライアントのお仕事は泣く泣く停止させていただくことになったのですが、つい先日、「あまり色々な方にお願いはしたくない為、今までと同じような内容で週5-10時間程度以内の作業をお願いしてもよろしいでしょうか?」というご連絡をいただきました。

「ぜひお願いします」

と返信しました。
こちらの都合でお断りしたにも関わらず、ありがたいことです。
でも、EC案件はやはりリピート性があると思いますね。

↓フリーランスの案件の取り方について、こちらの記事もどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました