ストレス性の急性胃腸炎にならないためのオススメ予防策10選

健康対策
コロナ禍の影響で、ストレス感じていませんか?
私達の生活はここ1~2年で一変しました。
失業したり、居酒屋などは時間短縮営業になりましたし、毎日マスク着用の生活です。
今までなら仕事で嫌なことがあっても、仕事帰りに同僚と居酒屋などで話すことでストレス発散していた方も多いのでは?

ストレスを溜めやすい生活をしていると、胃痛・下痢・便秘などの症状が出る急性胃腸炎になりかねません。
今回は、ストレス性の急性胃腸炎にならないための予防策について、ご紹介させていただきます。



急性胃腸炎とは?症状と種類をご紹介

急性胃腸炎

嘔吐下痢腹痛みぞおちの不快感が現れる症状で、ウイルス・細菌感染が原因で胃腸に炎症が起きる病気のこと。
さらに悪化すると吐血したり、血便が出ることもあります。

ウイルス・細菌以外にもストレスを溜め過ぎたため、炎症が起きます。

ウイルス性胃腸炎

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
ノロウイルスなどに感染した場合、発症します。
他には「アデノウィルス」や「ロタウイルス」などがあります。

細菌感染胃腸炎

O-157」と言えば食中毒を連想しますよね?
まさに食中毒のこと。
他にも、「腸炎ビブリオ」、「サルモネラ」、「カンピロバクター」、「病原菌大腸菌」などに汚染された料理を食べることで発症します。

ストレス性胃腸炎

胃や腸に何も原因がない場合は、ストレス過多が原因の可能性があります。
今回は、このストレス性胃腸炎にならないために予防していきましょう。

こうやって読んでいくと何だか怖いですよね?
中居さん・鶴瓶さん司会の「仰天ニュース」でも「カンピロバクター」について取り挙げられていて、恐ろしかったです。

番組で大きく取り挙げられていたので、視聴した方もいるのではないかと思います。

以前、僕が働いていた職場の同僚が急性胃腸炎になったことがありますが、見ていられない程とても酷そうでした。

トイレにこもって落ち着いたかと思いきや、休憩室で嘔吐してしまって逃げるように早退したのを覚えています。
そんな同僚をまじまじと見たからこそ、急性胃腸炎にはなりたくないと強く思いました。

胃腸炎と似た症状、「過敏性腸症候群」とは

過敏性腸症候群とは検査をしても異常がないのに、腹痛下痢不快感便秘があらわれる病気のこと。

例えば就職の面接前や大事なプレゼンテーションなど、ストレスが出やすい時に腹痛や下痢に悩む方が多いです。

ストレスがかかると、もろに腹痛・下痢になって、トイレにこもることも多いです。
この病気もストレスを溜めないように、工夫が必要ですね。

ストレスで急性胃腸炎にならないためのオススメ予防策10選

オススメ1:睡眠を十分にとる

オススメ2:適度な運動をする

オススメ3:刺激がある食品(コーヒー・アルコール・香辛料)は摂取しない

オススメ4:休息を十分にとる

オススメ5:ヨガ

オススメ6:瞑想

オススメ7:浴槽に入り、入浴時間を長くとる

オススメ8:自然や動物と触れ合う時間を増やす

オススメ9:歌を歌う

オススメ10:悩みを溜め込まない

やはり最後の「悩みを溜め込まない」のが1番大事だと思います。
1人で抱え込まず、誰かに相談できる状態があると思うと安心ですよね?

そんな時は電話相談で、話を聞いてもらいましょう。
オススメの電話相談窓口は2つあります。

よりそいホットライン(一般社団法人 社会的包摂サポートセンター)
24時間営業・通話無料がありがたいです。
東日本大震災で被災した岩手・宮城・福島県は番号が違いますので、注意。
営業時間が決められている窓口より、時間を気にせず夜中でも利用できるところがいいですね。
ただ相談者が大勢いて混み合っているため、電話中が多いのでめげずに時間をおいて電話してみましょう。

カウンセリングサービス
プロ・有料カウンセラーか無料・ボランティアカウンセラーが選びます。
カウンセラーの年代・性別も選べますし、指名も出来るので安心です。
無料・ボランティアカウンセラーは、いわゆるカウンセラーの卵。
ボランティアカウンセラーによっては、プロ並みのカウンセリングをして貰えます。
通話料は自己負担ですが、質のよいカウンセリングが受けられます。
事前に予約が必要なので注意。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は「急性胃腸炎」について、ご紹介させていただきました。
毎日のニュースを見ていると、コロナ禍の影響で患者数が圧迫され、入院するのも大変な世の中になってきてしまいました。

急性胃腸炎になって入院したくてもベッドの空きがなく、また病院を探さなくてはならない状態は避けたいですよね。
急性胃腸炎にならないように、ストレスを溜めないように予防しながら生活していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました